価格にも満足のマイホーム

私がマイホームを建てるために重要視したのは、いかにして予算内に価格を抑えることができるかという点でした。一にも二にも価格にこだわったといえるでしょう。「土地と建物の合計でも2000万円以内」という新築注文住宅を都内で見つけることは、至難の業ともいえるのではないでしょうか。とにかく家族のためにマイホームを手に入れることに使命感と責任感を持っていた私にとっては、ハードルが高くても無我夢中で家探しに取り組みました。新築注文住宅をメインに探した理由は、私の家族の意向も実現できる可能性が高いからです。あれこれとマイホームにまつわる希望やリクエストの多い家族のため、私も人一倍の苦労を余儀なくされたのです。都内でのマイホーム生活が叶ったのは、何かと面倒をみてくれた担当者のおかげです。夜の遅い時間の電話やメールにも気さくに応えてくれました。こうして、念願の新築注文住宅を予算内でゲットすることができました。