注文住宅の家を選ぶために苦労したこと

注文住宅は新築のため設備の耐用年数が長くなり、老後の生活を安心して暮らせるために興味を持ちました。マイホームは住みやすい家にしたいものですが、注文住宅にするとどうしても費用が高くなるものです。苦労した点といえばやはり資金計画で、住宅ローンは引き渡しが済むまでできないため事前に貯金してから購入しないといけないと思いました。

新築の注文住宅は建売よりも自由に間取りやデザインを決めることができ、マイホームにすると愛着を持てます。家を建てる時は土地を確保してから間取りを決めるため、段取りをうまく考えないといけないと実感したものです。

マイホームで新築の注文住宅の家を選ぶために苦労したことは資金計画の立て方や間取りの決め方で、家族やメーカーの担当者と相談してまとまるまでに時間がかかりました。しかし、住みやすくて老後の生活を安心して暮らせる環境になり、愛着を持てるようになったためお互いに満足できて良かったです。