新築の時に地鎮祭は必要か

新築の家を建てたりする時にはその土地の地鎮祭なんかをやるというのが一般的です。あんまりそういうことを気にしないで新築住宅をつくるということもあるでしょうがそもそも工務店側がこういうことを結構気にしたりすることもあります。別に宗教としては何でもいいという感じではあるのですが基本的には地元の神社などにお願いするというのが一般的です。新築を作って住むわけですから、顔をつないでおくというような意味合いもあったりしますがなんといっても邪気を払うというような感じであり、地鎮祭というのはできればやっておいた方が良い事の一つであると言えるでしょう。基本的にはとても良いことではあるのですが別にやらなくても法律上問題があるというわけではないです。また、新築であるときにはやる人が多いでしょう。ではリフォームなどの時にはやるのかといえば多くの場合リフォームのときにはやらないでしょう。リフォームの時にあるようなことではないということです。ちなみにこうした儀式にもコストはかかります。縁起物を買うようなことと認識してこの手の費用というのは仕方がないものとして受け入れるようにしましょう。気にしないと言うのであればやらないという選択肢もあるわけです。別に地鎮祭自体は法律で決まっているものではないからであり、それはそれこそやらない人もいるのは確かです。しかし、大半の人はやることが多いです。家族がそうしたことを気にする、ということもあります。工務店側がかなり気にするということもあるでしょう。意外と別に厳格に宗教を意識しているわけではないにしても家族などが気にするから、ということも立派な方法の一つであるといえるでしょう。家族がそうしたことを気にすることが意外と多かったりすることになります。ですから、家主がどうこうというよりは周りがそうしたことを気にするから、ということでやる人も多いです。どこにお願いするべきか、というのは意外と調べることも面倒でもありますが地元の工務店などであれば紹介してくれることもあるでしょう。このあたりは本当に宗教観などによっても違うこになります。それこそ、気にしないというのであれば本当にやる義務があるわけではありませんから、コストを余計にかけたくない、ということでやらない場合もあるでしょう。ですが、自治体なんかもやっていたりすることでもありますから、大半の日本人はかなり気にして行うことでしょう。