新築の地鎮祭は工務店に相談

家を建てるときは、さまざまなことをしなければいけません。そして、家を建てたことがある人はほとんどが地鎮祭をしていますよね。ですが、中には地鎮祭とは何?どんなことをするの?と不安に思う人がいるでしょう。では、地鎮祭について詳しく紹介したいと思います。

地鎮祭とは、新築を建てる際にその土地を守っている神様に対して、土地を利用させてください、安全に建築させてくださいとお願いする儀式のことです。新築を建てるときはほとんど行いますし、リフォームをするときも行うかもしれません。地鎮祭を行う際は神社から神主さんを呼ぶのが一般的で、かつて日本全国のしきたりとして、広く浸透してきました。ですが、最近では、日程と費用、宗教的な考えから地鎮祭を行わないことも増えています。家族全員で地鎮祭を見守るのですが、時代によって徐々に行われなくなっているのが現状です。

地鎮祭を行う際には費用が必要になります。だいたい総額6~11万円程度は必要となってくるので、用意をしておきましょう。また、お供え物に関しては神社や工務店などが用意してくれる場合があるので、どうするのか、工務店などに確かめておくことが大切です。

地鎮祭の日程は大安など縁起がいいとされている日にすることが多いです。冠婚葬祭と同じような考え方で六曜における吉日を選ぶ傾向にありますが、建築の際によく利用される十二直を組み合わせて日程を決めるケースが多いようです。ただ、地鎮祭を六曜などの吉日にできれば理想的なのですが、自分の家族、神主、工務店、関係者のすべての人のスケジュールに合わせなければいけないので、希望が100%かなわないかもしれません。地鎮祭の日程にこだわるあまり、なかなか工事にすすめないと日程が遅れてきてしまうので、こだわりすぎるのも良くありません。神社や工務店などと相談しつつ、できるだけ吉日にできるようにスケジュール調整をしてください。

このように家を新築、リフォームをする際の地鎮祭について紹介しました。家を建てるときは、ただ建てるだけでなく、無事に建てられるようにお願いをしたり、迷惑をかけるご近所への挨拶などさまざまなことをする必要があります。忙しい中で新築やリフォームをする場合が多いですが、できるだけスムーズにいくように家族全員で協力をして行うようにしてくださいね。もし、地鎮祭というものがどういう事か何故行うのかについて知らない人は参考にしてくださいね。