人生を彩る間取りとは

家を購入するときには、どんな家にしようか悩む人もいるでしょう。特に、毎日のように出入りをする玄関は、いわば家の顔となる存在です。そして、室内の間取りに合わせて置く家具は、人生を共に過ごす大切なアイテムです。最適な素材を選び、一生ものを購入するというのもいいのではないでしょうか。

玄関も家具も、素材によってかなりイメージが変わってしまいます。

木の魅力は、なんといってもその優しい風合いと、年月と共に変化する色にあります。

経年劣化という言葉を聞いたことがあるでしょうか。劣化と聞くと、マイナスなイメージを持たれる人も多いと思いますが、そうではありません。経年劣化というのは、長い年月と共に色が変化し、木目の表情がどんどん味わい深くなっていく様子のことです。

木造の玄関の経年劣化は、木の材質によって違いがあります。

どの木材が玄関ドアに向いているのでしょう。

まず、世界三大銘木の1つであるウォールナットは、玄関ドアに適した材質です。重厚感のある黒に近い茶色で、素材に油分を含んでいるため、使えば使うほど味が出てきます。どんどんその色は濃くなり、存在感を増していきます。

そして、ウォールナットが玄関の素材として最適なのは、その特徴にあります。

ウォールナットは、見た目の美しさもさることながら、その頑丈さにも定評があります。

衝撃に強いため、些細なことでは壊れはしません。また、加工しやすいウォールナットは家具にも最適な素材です。長い人生を共に過ごす相棒としてはピッタリです。

そして、日本人には馴染みの深い檜もまた、玄関の素材として最適です。檜の特徴は、その美しく白い木肌と、檜独特の香りです。湿気にも強いため、長く使い続けても形が変形することはありません。

家具に檜を取り入れることで、室内も明るくなりますし、全体的に柔らかな雰囲気になります。

そして、明るい色味が特徴的な栗の木もまた、木造玄関に使用することに向いている木材です。虫を寄せ付けないため、白アリなどの心配をすることはありませんし、耐久性と耐水性に優れているので、風や雨にも強くできているのです。そして、優しい手触りと弾力性がある栗の木は、間取りに合わせた家具を作るときにも優秀な素材です。使い込めば使い込むほどに、その色合いは濃く味のあるものへと変わっていきます。

どんな木材を玄関や家具に取り入れたら良いかは、実際に自分の目で見て、触ってみて決めるのがいいでしょう。また、家具は間取りに合っているかをチェックすることも大切です。

人生のほとんどは家の中で過ごします。木造の玄関や家具は、その長い歳月を共に過ごせる材質なのです。